減価償却|減損会計を知る

【当サイトの趣旨】

当サイトでは、投資関連の用語として主に『減損会計』について解説しています。
減損会計を理解しているのと、理解していないとで、そこには大きな知識的な壁があるのです。

減価償却とは、長期にわたって使用できる設備について、取得経費を取得時に計上するのではなく、複数期間に分割して計上することで収益と、それを生み出すのにかかった費用とを対応させようとすること。
減損損失とは、資産の経済的価値の減価による評価損のことで、経済情勢や偶発的事故等による一時的なものである。両者の違いを認識しておくことが必要である。